毎日見知らぬ男に痴漢された私は、お尻の穴で感じてしまう変態になってしまった

私は毎日、満員電車の中で見知らぬ男に痴漢されている。それも、その男は執拗に私のお尻をいじってくるので、私はアナルで感じてしまうようになった。そして、ある日とうとうトイレに連れ込まれて…。―ミルキー専属作家、シーラモンドさんの作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます