漫画家とアシスタントの甘あま歳の差エッチ

スランプ気味の俺はアシスタントを全員返す。しかし1人、仕事のできるメガネで無造作に髪を束ねただけのアシスタントが残っていた。おかげで一息つきましょうと、コーヒーをいれてくれる彼女を「女性」として見たことはなかった。でも、ふとしたきっかけでメガネと髪を下ろすと―!?とあるトラウマ持ちの女性と、それを包み込む優しくもポジティブな胸キュン官能小説。ミルキー専属作家、アランさんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。