彼からの気持ちいいクンニで、声を押し殺していたことも忘れて、身体中がとろけてしまいそうになる

彼自身の唇で全身を愛されていく私。時折感じるじれったささえ気持ちよくて、キスマークをつける時の小さな刺激を全身で感じてしまう。だけど、丁寧な愛撫から一転、彼のモノが挿入されると、激しく突かれ、襲いくる快感が止められない私―ミルキー専属作家、sabatsunaさんの作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます