直に触ってほしくて堪らないのに、意地悪な彼氏は布越しに私の身体を愛撫し続ける…

"彼氏からの呼び出しがあり、家に行くといきなり彼氏に押し倒され、身体を求められる。焦らすように触れてくる彼氏の舌、指に翻弄されて、私の身体は絶頂を求めて彼氏に縋りついてしまう。 ―ミルキー専属作家、sabatsunaさんの作品です!"

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます