いきなり彼女に押し倒され、状況が飲み込めないままの俺をよそに、彼女が俺のモノを愛撫し始めて…

"自ら腰を振って快感に喘ぐ彼女。俺にまたがって髪を振り乱しながら快感に身もだえる彼女に、俺も応えるように腰を突き上げる。快感を素直に受け入れる彼女がどんどん腰の動きを速め、俺のモノをきつく締めあげてきて…。 ―ミルキー専属作家、sabatsunaさんの作品です!"

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます