大好きな彼女がメイド姿に!想像以上に可愛すぎて我慢できなくなった俺は、彼女を抱き締め、料理が冷めるのも構わずベッドへ…

大好きな彼女にメイド服を着てもらうのが、俺のささやかな夢だった。ある日帰宅すると、彼女がメイド姿で迎えてくれた。あまりに似合いすぎて可愛くて、俺は我慢できず彼女に抱きついてしまう。イチャイチャしながら、そのままベッドに倒れ込んで、柔らかな彼女の体を思う存分堪能する―ミルキー専属作家、ルビさんの作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます