たくましく成長した幼馴染みに迫られて、あまりの快楽に流されて、彼を求めてしまう…! (ページ 2)

「あっ…! だめ…っ、勇馬っ、そこはっ、ねぇ、やあん…っ、あぁ…!」

「なんでだめなの? 春香姉ちゃんのここ、めちゃくちゃ濡れてる…」

 勇馬は身体の位置を変えて、春香の足の間にひざまずいた。春香の秘部は、その目の前に晒されている。

 恥ずかしくて足を閉じようとしても、勇馬のたくましい身体がそうさせてくれなかった。

「ヤバイ…めちゃくちゃ興奮する…」

 勇馬は低くそう呟いて、春香の秘部に顔を埋めた。

「ちょ、勇馬?! やだ、舐めちゃだめぇ…っ、あっ、あぁっ、あぁんっ、だめ、あっあっ、んんっ…!」

 勇馬の舌は容赦なく春香の秘部をかき回す。ジュブジュブと音をたててクリトリスをしゃぶられて、春香は声を上げてのけ反る。

「ひぃ、ん、ん、やぁ、勇馬、ダメェ…ああっ、やだぁ…、そこ、いや、もう、ねぇ、しゃぶらないでっ、もぉ、イッちゃう…ンンンンっ!!」

 ガクガクと身体を震わせて絶頂する春香の膣口からは、引っ切り無しに愛液があふれてきていた。

 勇馬はとろとろの愛液を指にまとわせて、ゆっくりと春香の膣口に指を出入りさせながら、

「春香姉ちゃん…処女なのにイクの解るなんて…、オナニーしまくってるでしょ…!」

 そう聞いて、春香の中に指をゆっくりと埋め込んだ。

「ひぁ、ぁん…!」

「いきなりなのに、指二本入っちゃったよ? ねぇ、春香姉ちゃんはオナニーするとき、こうやって中に入れるの? それとも、クリいじる方が好きなの? 教えて」

「んんっ、んっ、ゆび…中に、入れて…、く…クリも…両方するの…すき…っ」

「なにそれ…すげえエロい…。じゃあ…、両方してあげる」

 勇馬の指が、春香の中を柔らかくかき回し、唇はクリトリスをとらえた。

 指の腹がデリケートな内壁の上側を押すように撫でたり、押し込んでかき回したり、唇はクリトリスを挟んで柔らかくしごき、吸い付いて、舌は敏感な先端部分を舐め回す。

「やぁ…、勇馬っ、だめ、そんな、いっぺんにされたら…いくぅ…、やぁ、なか、押しちゃ、きもち…っ、舐めちゃだめぇ、ねえ、勇馬、吸わないで、クリ、吸っちゃイヤァ、もう…だめ、いくからぁ、中、中押されたらイッちゃう、だめ、だめだめっ、ダメだってば、ア、あぁァン!!!!」

 びしゃびしゃと愛液が飛び散るほどに派手に絶頂した春香に、勇馬の我慢も限界を越えた。

「春香姉ちゃんがエロすぎて俺もう我慢できねぇ…」

 勇馬は慌ただしくズボンの前をくつろげて、すっかり立ち上がったぺニスを取り出し、ポケットに入っていた財布からコンドームを取り出すと、口に咥えて無理矢理パッケージをちぎって開けた。

「なんで…ゴム…」

「マナーでしょ、大人として」

「…ヤリチン」

「言ったなこの…、中イキ出来るくらいオナニーしまくってる春香姉ちゃんには言われたくない…っ」

「しまくってなんかな…っ、あっ…あぁっ…勇馬…っ、入っちゃう…っ」

 柔らかく、愛液でぬかるんだ春香の膣口は難なく勇馬を受け入れる。

「やば…っ、すげえ良い…」

「あっ…あぁっ、んっ、すごい…っ、勇馬の…おっきい…!」

「そういうコトを…、いうと…、優しくできないぞ…」

 限界まで押し込まれて、ギリギリまで引き抜かれる。大きなストロークで突かれて、春香は初めての快楽にのけ反った。

「勇馬、ねえ、激しいよ…ッ、そんないっぱい、奥突いたら、だめッ、だめぇ」

「こんなぐちゅぐちゅ音するくらい濡れてるのに、ダメなの? 奥、気持ち良すぎてダメなんだろ?」

「やぁン…! こんな、奥まで…っ、突かれたら…ダメになっちゃうぅ…」

 勇馬は身体がくっつくほどにぴったりと腰を押し付けて、そのままの恰好で奥を押す様に腰を回した。

「ああっ、なにそれェ…っ、だめぇ…イクっ、勇馬…、イっちゃう…! イクうぅぅっ!!」

 がくがく腰を震わせて、春香は急にぐったりと身体から力を抜いた。無理をさせていると解っていても、勇馬は腰を打つことを止められずに、そのまま奥を突いて果てた。

「春香姉ちゃん…ごめん、大丈夫…?」

 はあはあと荒い息で、勇馬は春香の様子を確かめた。

「うん、大丈夫」

 春香が微笑みながらそう返したので、勇馬はホッとした。

「ねえ…勇馬」

「ん?」

「ほんとに、このまま…一回だけでいいの?」

 春香は、にやりと笑う。この状況で、と勇馬は天を仰いだ。

「春香姉ちゃん…それって、俺の彼女になってくれるって事?」

 勇馬がそう聞くと、春香はこくんと頷いた。

-FIN-

この作品が良かったら「いいね!」しよう

7

コメント (0)

コメントを書く