知らないのは私だけ?!性感帯を知り尽くした生意気な年下の彼に翻弄されちゃう…!! (ページ 3)

「ここ?気持ちいい?」

「あっ…そんなしちゃ…やぁ」

「気持ちいいでしょ?」

「んっ…あっ…」

「もう一回イっときなよ」

そう言って指を増やされる。

「ひゃっ…あっ…だぁめ…」

「ほら。イきな」

「ああっっ!」

イった後、呼吸を整えていると腕を引っ張られ体を起こされる。

彼と座ったまま向い合せになる。

腰に手を添えられ、ゆっくり腰を持ち上げられる。

その先はどうなるか分っていたから、彼の方に手を置き必死に止める。

「ねぇ!・・・やだ。」

「昨日、好きだって言ってたよ?」

「そんなの知らない!!」

必死に止めているが、秘所には彼の熱いものが当たり、本能的に濡らしてしまう。

「遥香さんのここは準備いいみたいだよ?」

「・・・やっ。そ、そんなことない。」

「そんな事、言ってるけど腰動いてるよ。」

「う、うごいてない!」

「意地っ張りだなー。」

そんな風に返されると相手の方が年下なのに、自分が彼より年下に思えてくる。

「ほら、挿入るよ」

「あっ・・・あつい・・・」

彼の熱いものが入ってくるのを感じ、小さくこぼれる声。

「・・・それは反則」

そう言った彼は、一気に秘所に入ってきた。

「あぁぁっ!」

「っ。締めつけすぎ」

男なのに色っぽい吐息に自然とナカのものを締めつける。

「んっ・・・」

「動くよ?」

そう言って、対面座位の体制で下から突き上げられる。

「あっ・・・そんなに・・・激し・・・」

「奥まで届くから気持ちいでしょ?」

そう言って奥をグリグリと刺激する。

「あっ・・・はぁっ・・・んん」

容赦なく腰を打ちつけられる。

「やっ・・・イっちゃう・・・」

「いいよ。イって。」

「あああっ!!!」

激しい腰使いにすぐに限界がきてイってしまう。

その締め付けで彼がイったことも感じて意識が遠くなった。

次に目を覚ませば、龍一と名乗る彼はニコニコしながら私を見ていた。

「昨日のこと思い出した?」

「・・・思い出してない。」

「じゃあ、もう一回する?」

そう言って笑いながら私にキスをし、また快楽の波に身を沈めた—–.

-FIN-

この作品が良かったら「いいね!」しよう

4

コメント (0)

コメントを書く