年下の彼氏に呼び出され、アイマスクを付けたまま後ろから激しく責められて

彼氏に呼びされた私は指示された通りにアイマスクをつけて、待っていた。すぐに帰ってきた年下の彼が後ろから抱きつき、今日は感じさせたい、とささやきながらあっという間に服を脱がしてしまう。見えない中で熱い手に翻弄されて―ミルキー専属作家、雪池さんの作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます