自分に自信がなかった私が、憧れのあの人とまさかの関係に。彼の意外な姿に我を忘れ… (ページ2)

「部長…恥ずかしいです」

「大丈夫」

健一は、ゆっくりと服を脱がし始める。

「すごい…きれいだね」

すでに敏感になった七海の乳首を、健一の舌が襲う。

「あっ…いやっ…」

「声もかわいいね。我慢しないで、いっぱい声を出していいからね」

「かわいくないですよぉ…」

音を立てて、七海の乳房を愛撫し続ける。

「あっ…あっ…あああ」

経験したことのない気持ちよさに、七海は我を忘れ始めた。

七海の全身を健一の舌先が這ってゆく。そして、七海の陰部にそっと触れた。

「いや…そこは…」

「たくさん濡れてるよ。気持ちいいんだね」

ゆっくりと指を入れ、やさしく蜜壺をかき回す。

「はぁ…あっ…あああ」

硬くなったクリトリスを舌先で刺激し始めた。

七海は、ただただ、気持ちよく声にならない声が漏れ始める。

ぴちゃ…ぴちゃ…。

健一は、敏感な乳首やクリトリスを丁寧に愛撫しては、また蜜壺に指を入れるのを繰り返す。

七海の愛液がとめどなく溢れ、健一は激しく指を動かし始めた。

「あぁぁ…部長…あぁっ」

「かわいい。いっちゃったね」

健一の中で、七海を愛おしいと思う気持ちがどんどん高まっていく。

健一の唇が七海の全身をたどっていく。七海は全身が震え始めた。

「ダメだ、七海。オレもう我慢できない」

ズボンを下ろし、ゆっくりと挿入してきた。

「痛い!」

「まだかな…」

そう言うと健一は、七海の乳房をやさしく舐めまわしてきた。

時には、強めに吸ってくる。

そして、さらに陰部を執拗に責め始めた。溢れかえった愛液で部屋中にいやらしい音が響き渡る。

七海は、経験したことのない快楽にもう何も考えられなくなっていた。

「七海のあそこ、気持ちいいって…欲しいって言ってるよ」

健一はもう一度、ペニスをゆっくり挿入し始めた。

「大丈夫。力を抜いて」

七海の髪に触れながらキスをし、ゆっくりと腰を動かし続ける。

「気持ちよくなってきたね」

徐々に腰を動かす速度が上がっていく。

「いやぁ…あっっっ」

「痛い?」

健一の問いに、七海はそっと首を振る。

「気持ち…いい…です」

さらに動きは激しいものになる。七海は、必死に健一にしがみついた。

「はぁ…あぁぁぁ」

七海の陰部がギュッと締まる。

「七海…いやらしい七海もかわいいよ…あああ!」

絶頂に達した二人は優しく抱きしめ合った。七海は、やさしい健一の腕の中でそのまま眠りについた。

- FIN -

/2

次のページ