大切な友達の彼氏に誘惑されて、罪悪感を抱きながらも快楽を貪る私

子どもの頃からずっと大切に思ってきた友達から、彼氏を紹介された私は、その彼氏にどこか危険な匂いを感じる。その思いは的中し、彼から誘惑されてしまう。私にも恋人はいるし、友達を裏切ることにも罪悪感を感じる。けれどこの快感に溺れてしまう。―ミルキー専属作家、Maggieさんの作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます