全く自分に自信が無い私。ある日落ち込んでいると、彼に押し倒されて…

自分の事が嫌いで仕方ない私。仕事に追われて、不安な日々を過ごしていた。今日もどうせ私なんて…と話ながら過ごしていると、普段は聞き流している彼が私の言葉に反応して少し怒った様子で突然押し倒されたのだった。―ミルキー専属作家、蓮華さんの作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます