ネコ耳姿を見られて…関西弁の彼に可愛がられるあまあまエッチ

「な、"にゃ~"って言って」火照ったカラダは制御ができず、恥ずかしい命令でも言いなりになるしかなくて―。彼が同僚からもらったというネコ耳と可愛らしいお菓子。それらを放置して彼が席を外すから。軽い気持ちで装着しただけだったのに!!性感帯をお菓子のように食べられたり、激しく摘まれたり…あまあまでイタズラな彼にいじわるされちゃってくださいな(∀)ミルキー専属作家、楓さんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。