念願のマッサージ店に初出勤したらオイルマッサージの研修がはじまって―

この就職難でも、私はなんとか自分の特技が活かせる仕事に就くことができた。今日がその初日。気合を入れつつドアを開けると―。「まだ緊張してます?ここがまだ硬いですね。」「ここも早くしてほしいんですか?」淡々と「マッサージ研修」を行う店長を拒否することができるはずもなく私はされるがまま…。身も心もキモチヨクなっちゃってください!ミルキー専属作家、りりぃさんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。