雨降る爛れたクラブ帰りに声をかけてきた男に公園の奥で…七夕がもたらした夢と愛

妖しいスポットライトに爆音、強めのお酒を持ってしても私の世界は色づかない。だから例え一時しのぎだろうと私は男達の荒々しい欲望を甘受する―。「女の子なんだから自分を大事にしないとダメだよ」「イッちゃったんだね、痙攣してる…でもまだまだイけるよね」雨降る7月7日。公園で形容しがたい虚しさを噛みしめていたら通りすがりの男が…。苦しみながらも戦っているOLさんにこそ読んで欲しい.+゜ミルキー専属作家、綾音さんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。