ジムのシャワールームで年下トレーナーと秘密の別メニュー (ページ1)

今日は月1のママ友とのランチ会だった。

『咲ちゃん、先月も思ったけどちょっと引き締まってキレイになったよね?』

嬉しい一言に顔が緩む。

『フィットネスジムに通い始めてもう4~5か月だからかなぁ。やっと効果出てきた?!』と言ってみる。

自転車で20分くらいの場所に今年初めフィットネスジムがオープンした。

ママ友の間でも話題になって、皆で通ってみる?という話も出たけど、結局私以外実行する人は居なかった。

私はもともと痩せていて、同じ年代の人に比べるとスタイルは悪くはないと思う。

ただ、年齢のせいか、35歳を過ぎたあたりから今まで『食っちゃ寝』生活をしていて太ることが無かった体系が変わってきた。

マズイ!と思っていた矢先にそのフィットネスジムがオープンしたのだ。

でも、たぶん、『引き締まってキレイになった』というのは、ジムで身体を動かすこともしているけど、『別のこと』だと思う。

フィットネスジムは24時間オープンしていて、会員は皆カードキーで出入りをする。

「24時間好きな時間に通ってok」というのがうたい文句で、なかなか時間の取れない主婦にはある意味ありがたい。

スタッフは24時間居るわけではない。

基本は朝8時から夜8時の12時間。夜中や朝方は誰も居ない。

そこも気楽だと思って入会した。

色んな時間に行ってみたけど、最近は早朝に行くことにはまっている。

というのも、早朝は貸し切り状態がほとんどだからだ。

そして、この早朝は私にとって、『別のこと』を楽しむ時間でもある。

4~5か月前、入会した時に担当してくれた人。

その人が自動的に私のトレーナーになった。

トレーナーを付けると別料金が発生する。でも、初心者で短期間でしっかりある程度の結果がほしかった私は、トレーナーを付けることにした。

『咲さんは、比較的スタイルが維持されているので、そんなにがむしゃらにならなくても大丈夫ですよ。でも、コンスタントに続けるということが大切ですね。これから頑張りましょう!』

それが亨との初めての出会いだった。

亨は私より5歳年下の男性だった。

ジムのトレーナーという職業柄のせいか、身体はとても引き締まっている。

30代前半の男性の体つきにしてはガッチリ筋肉質でアスリート体系だった。

運動なんてもう十数年していない私は体力はないし筋肉もないし、完全にヘタレ状態。

そんな私に亨は激を飛ばしつつも、優しくユーモア溢れる会話で盛り上げてくれていた。

しかし、なかなか時間の調整が取れなくてキャンセルすることも多い。

24時間好きな時間に行ってもいいけど、トレーナーを付けている以上は予約になってしまうのだ。

そこで、亨が提案してきた。
『咲さん、早朝は来られますか?』

『早朝ですか?!具体的に何時くらい?』

『そうですね・・・4時半くらいとか。早すぎますよね?』

一瞬、この人何を言っているんだろう?とぽかんと口を空けてしまった。

『いやいや、キャンセルも多いので。提案なんですが、早朝だと僕、勤務時間じゃないので、トレーナーという形じゃなく来てあげられて、指導できるんですよ。それにこの時間帯ほぼ誰も来ないので貸し切り状態になるんです』

別料金のトレーナーの費用も掛からず、しかも貸し切り状態!

何て好条件なんだろうか!!

問題は朝早すぎる・・・ということ。

起きれるのだろうか・・・

そうして、私はお試しという形で、早朝ジムに通い始めることを決めた。

早朝のジムは誰も居なくて静かで少し不気味だ。

いつも賑わっているジムしか知らないので、こんなにも人気がなく静寂なことに戸惑いを感じる。

まだ亨は来ていないらしい。

私は、更衣室へ行って着替えをすることにした。

黒の半袖のシャツにひざ丈のズボン。ジムに来るとびっくりするくらい汗をかく。

前のページ

/4