クリスマスに駆りだされたバイト先の店長に視姦されて感じちゃう

シフト上では休みだったクリスマスイブ。店長の受注ミスで、私はこの寒空のもとミニスカサンタという恥ずかしい格好でケーキを売るはめになって―。「おじさんたちに見られて、興奮した?」「僕に見られたら、どうかな」ふにゃりと柔らかく笑うはずの店長が、見たことのない笑みを浮かべて私を高みへとエスコートしていく。ミルキー専属作家、汐さんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。