飼い猫ばかりを可愛がる彼に寂しさを感じていたら…気づいてくれた彼と2ラウンド

自宅に遊びに来てくれた彼を出迎えると、早速でれーっとした顔で頬ずりしながら甘い言葉を囁いてくれる。…彼女の私に、ではなく我が家の愛猫に。いつもの光景。でもだからこそ、ジリジリと自信もなくなってきていて―。「もう一度俺の愛を教えてあげましょうか」思わず漏れた弱音を聞かれたが最後。1つ1つの愛撫を意識させるように実況されたり、にゃんこも巻き込んでの視姦をはじめたり…愛に犯されちゃってください!!ミルキー専属作家、Sarahさんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。