毎日同じ駅から始まる痴漢の手つきがエスカレートして…

満員電車の中では身動きがとれないもの。そんな車内で毎日私は痴漢にあっていた。(今日こそは声をあげてやる!)意気込んで乗り込むものの、今日の痴漢の手つきはいつもとは違って…。嫌で嫌でたまらないのに、私のカラダは―。ミルキー専属作家、りりぃさんの初作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。