閉店後のホストクラブで鏡に囲まれての絶頂エッチ

平凡な私の彼氏は知る人ぞ知る、超カリスマホスト。でも仕事姿を見せたくないからと、私はホストクラブに行ったことがなくて。どんなとこなの?って聞いてみたら閉店後なら遊びに来ていいよって言ってもらえた。嬉しくて、当日新調したワンピースを着て行ったら―。「脱いで…?そのほうが絶対可愛いから…」「俺がお客さんってことで!」彼からのゴーイング・マイ・ウェイでえっちぃリクエストが止まりませんっ(*ノエノ)ミルキー専属作家、椿希さんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。