メガネを外した家庭教師が教えてくれるオトナのなり方 (ページ1)


「ねぇ、匠センセ…もっと教えて?」
「………夕鶴」

私はこれ見よがしに、自慢の胸を押し付けると先生の肩に触れる。

(……今日こそ、絶対におとすんだからっ!)

「…あーそろそろ時間だから、帰るね」

メガネを直してサッと立ち上がると、先生は鞄片手にさっさと部屋から出て行ってしまった。

「……えぇー!?あぁーもうっ!!匠先生の馬鹿っ!!!」


大好きな匠先生は私の家庭教師。
母の親戚で、私の高校受験のために中2の頃からずっと勉強を見てくれている。

一目惚れして、毎回会うたびに色々と頑張って(迫って)みるものの…いつも上手くかわされている。

(はぁ〜やっぱり大学生の匠先生から見たら、私って子どもなのかなぁ〜)

今日は胸元がV字に開いたワンピースを着て、ちょっとセクシーにしてみたが、先生はチラリとも見ることなく全く効果なし。

中3になってからは、大分身長も伸びて胸もかなり成長したので、それなりに自信があるのだが。

(Cカップじゃ…やっぱりまだ小さ過ぎるのかな〜?ん、よしっ!今日も牛乳飲まなきゃっ!!)

夕鶴は部屋を出て台所に移動し、冷蔵庫を開けてると母がキョロキョロと辺りを見回しやってくる。

「あっ、ちょっと、もしかして先生帰られちゃった!?」

「えっ、うん」

すると母は、男物の見慣れたスマホを私に手渡してくる。

前のページ

/7