好きだった幼馴染に浮気の手伝いを頼まれた俺は激情のままに…

「浮気したいの。だから、手伝って」突然押しかけてきた幼馴染の一言に俺の顔は青ざめる。付き合っている男がいたのか、と。しかし同時に耳元で「奪ってしまえばいい」と囁く声が聞こえた―。残酷なほどに優しく、執拗で逃れられない程の快感に狂わされちゃいます!でも感じれば感じるほどに切なくなる、そんな男性目線のお話。ミルキー専属作家、けにぃさんの初作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。