男子校の問題児10人への補習授業中、弱みを握られていた私は…

ため息の止まらない憂鬱な放課後。なぜなら問題児の補習授業をしなくてはならないから。気は進まなくとも、自分に鞭うって教室へ向かう。毅然とした態度で授業を始めるも、彼らの態度は変わらない。それどころか「先生…俺たちもっと違うこと教えて欲しいんだけど…」私を取り囲むように近づいてくる彼らに戸惑っていたら唇を塞がれて―。念のため、タグを確認してから閲覧してくださいッ(∀)人気沸騰中!ミルキー専属作家、ハナさんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。