困っていたはずなのに…いつしか触られたいと望んでしまった痴漢の犯人は!?

痴漢なんて年に数回遭うかくらいだったのが、最近相当な頻度で遭っている。何度か駅員さんに相談するも、顔もワカラナイでは対応できないと言われる始末。私は、困っていた―はずだった。私のカラダはいつの間にか痴漢にもっと触られたいと望むようになってしまっていて…。思わず行動にうつした時、その犯人の顔が窓ガラス越しに見えて―!?「犯されたいんでしょ?」「これから楽しみにしてて」思わずドコかが濡れてしまいそうな展開にドキドキしちゃってください(*ノエノ)ミルキー専属作家、乃々さんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。