淫らな自分をすべて受け止め応えてくれるタクシー運転手と深夜のストレス発散 (ページ1)


終電がなくなるまでの残業。
サービス残業でもないし、帰りはこうやってタクシーチケットがもらえるからと納得してもストレスが溜まる。

「リコさん、だいぶ、お疲れですね」

ぼーっとする意識に運転手さんの声が割り込んできた。

「うん。今日は色々疲れちゃった」

いつも指名する運転手さんのカイ君が、ルームミラー越しに私を見つめる。

「じゃあ、いつものやつ、しますか?」

「してもいいの?」

「するつもりだから、俺のこと指名してくれたんでしょう?」

カイ君が優しく言った。

「そうだけど…」
「じゃあ、あそこ行きますよ」
「…お願い」

タクシーは自宅へと続く道ではなく、有料駐車場のビルへと走った。

屋上の暗い場所にタクシーが停まると、私のストレス発散が始まる。


「はぁ…っ…カイ君…見てぇ」
「見てますよ。リコさんのぐちょぐちょの場所」

運転席から降りて後部座席に座るカイ君に見られながら、一人でするのが私のストレス発散。

「いっぱいエロい汁が垂れてる。バスタオル二枚にして良かった」

「んっ…意地悪なこと、言わないで…」

「リコさん、言葉攻めが好きな癖に。ほら、もっと擦って」

手袋をした手が私の手を強引に上下させる。

前のページ

/5