酔いが回ってトイレでうずくまっていたら合コンで目をつけていた彼がやってきて…

「いいの?知り合ったばっかの男に触られて感じるなんて」盛り上がりをみせる合コンから静かに席を外して、トイレにうずくまっていたら扉越しに声をかけられて。安易に鍵を開けたら―酔いの回った身体を冷たい手でなぞられ、頭ごと抱きしめられて彼の胸に本能のままに鳴き悶えちゃってください(∀)ミルキー専属作家、さゆりさんの初作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。