満員電車、背後に立つ年下男子の手が私の胸を弄ぶ。我慢の限界を越えた私は― (ページ1)


「あっ……ん」

満員電車の中。

ごつごつと骨ばった、男の人の大きな手が、私の背後から伸びて、大胆に胸を揉む。

(はぁ……ん……)

彼の手で持ち上げられ、たぷたぷと弄ばれる。


通勤ラッシュの電車の車内。

見知らぬ誰かと、肩と肩が触れ合う。

そんな中で、私がされていること――……。


胸をしきりに揉みしだく、少し震えた指先。

おそるおそると言った感じで、頼りない。

けどもはっきりとした熱を持って胸を弄び……


「やぁ……」

私の乳首を、爪でこりっと刺激した。

私は思わず身をくねらす。

すると、彼はそれを許さないとばかりに私をきつく抱きしめて、乳首をきゅうっと摘まむ。


(痛い……けど……)

「いい、よぉ……」

私は仰け反り、思わず口に出てしまった――という、演技をした。


「……ッ!」


彼――

顔は、数分の間しか見ていない。
服装や肌艶から推測するに、恐らくは大学生。

――つまり、見知らぬ彼に甘えてみる。

彼は一瞬、胸を揉みしだく手を止め、固まり、そして、息をごくりと飲んだ。

――ガタン、ガタン……。

通勤ラッシュの車内は静かではない。

女子校生のおしゃべり。イヤホンの音漏れ。車内アナウンス……。


でも、私は彼の吐息の音を聞き逃さない。

彼は私の胸を中心に集めるように寄せた。

そして、乳首ばかりをかりかりと意地悪していた人差し指で、乳輪をくりくりとこする。

「んぅ……」

さっきまでの強くてぴりぴりする刺激から、やわくてもどかしいような……思わず腰が動いちゃう、優しいそれに代わる。

「はう……」

くりくり可愛がるように擽られて、気持ちいいけれど……。

(もっとしてよぉ……)

また、強い刺激でつねられたい。

私はわざと乳首を避ける、彼の指を追いかける。

誘うために、身体をくねらせたけれど……。

「あっ……」

つんとたった乳首に触れると、彼は愛撫をやめてしまう。

前のページ

/5