意地悪しないで…絶妙な愛撫に蜜が溢れてとまらない!聞かれたくないのに声がでちゃう (ページ1)

「…だめだって言ってたわりに、いつもより濡れてるよ。莉穂のココ、もうグショグショだな」


私の耳元で孝司が意地悪くささやいた。


孝司は私の下着の中に入れた右手をうごめかせる。


彼の骨ばった指にアソコを弄られ、みだらな水音がクチュッ、クチュッと室内に響く。


孝司の愛撫に反応してしまっている私の体は、立っているのもつらいほどフラフラだった。


(この部屋でエッチするわけにはいかないのに…。孝司のせいで、もう私の体、熱くて熱くて…たまらなくなっちゃってる)


最近引っ越してきたこのアパート。


念願の一人暮らしを開始した私は、昨日ようやくアパート全体の壁がとても薄くて、隣の住人の声が聞こえてしまうことを知った。


隣に住んでいるカップルは、二人で長期旅行に行っていたらしく、私はお隣さんと昨日初対面した…のは、いいとして。


(昨晩ずっと聞こえてたんだよね、お隣からエッチしてる声が…)


今の私と孝司は、おたがい一人暮らし。


同棲しているわけじゃないから、壁の薄い私の部屋ではエッチしなければいい。


孝司にも、さっき小声で説明したのに…。


彼は、なにやら色っぽい声色で「のぞかれてるわけじゃないんだから、莉穂があえがなければいいだけだろ」って答えるなり、私を背後から抱きしめてきた。


私がうしろから抱きしめられながら低い声でささやかれたり、体をふれられたりするのに弱いって知っててやってるんだ。


この状況、やばいかも。


だって、私の体のどの部分が敏感に反応してしまうか、孝司には全部知られてしまっているから。


孝司に翻弄される前に、どうにか彼を説得してエッチなイタズラをやめさせないと…。


「孝司、お願い…。そんなにさわっちゃ、ヘンな声…でちゃうから。…もう、もぅ…」


「『もう』って…もしかして莉穂、もう一人でイキそうとか?」


「ち、違う…。やめてっ…孝司。ん、あっ…はぁ…あ」


「やめて?莉穂の割れ目から蜜がどんどん溢れてきてるのに?」


孝司は、わざと音をめだたせるように私の秘所に這わせた指を動かした。


ビチャビチャと、はしたない音が鳴る。


「…ほら、こんなにエロい音までたてて悦んでるクセに」


孝司の指摘に私の全身がビクンとふるえる。


…たしかに私のアソコからは熱い蜜がタラタラとこぼれて、とまらなくなっていた。


こんなに濡れちゃってるのに、言葉では「やめて」なんて、口先だけのセリフみたい。


追い打ちをかけるように孝司が告げた。


「…今やめられるとつらいのは、莉穂のほうじゃないのか」


その言いかただと、なんだか私がすごくいやらしい子みたいだ。


だけど、彼から少し弄られただけで、アソコをトロトロにしている今の私には…。


くやしいけど、反論なんてできない。


「莉穂が大きな声であえぎさえしなければ、俺たちが今こんなことしてるってバレないだろ。声くらい、我慢できるよな」


耳元で語る孝司の声はソフトで優しかった。


そして魅惑的であらがえない響きもあって…気がつくと私は「うん、それくらいできるよ」と答えてしまっていた。


(あ、今まずいこと言っちゃたかも…。でも、もう引き返せない雰囲気…)


*****


ベッドに移動した私たちは、すでに裸になっていた。


私の上におおいかぶさった孝司が告げる。


「俺としては、莉穂をたくさん鳴かせたいんだけどな。お前のあえぎ声って、グッとくるから」


熱っぽい視線を向けながら言ったって、今日の私は大きな声であえいだりなんかしないんだから。


強い決意で唇をぎゅっと閉じると、孝司はクスッと笑った。


「莉穂のそういう、意地っ張りなところも俺をそそらせてるんだよ。自覚ある?」


つぶやきながら、私の頬に、鎖骨に、胸元にくちづけていく。


孝司の形のいい唇でそっと体をふれられていると…。


あまりの心地よさに、閉じていたはずの私の唇がもう開いてしまう。