先生と新人くんに性感帯を責められ続けるマッサージモニター (ページ 9)

「すごい……!美奈子さんの中、吸い付いて離そうとしない……!」

「いいなぁ先生。俺もはやくぶちこみてぇ」

由比君は再び私の背後に回ると、私のクリトリスをグリグリと強めに撫でまわす。

「ひゃああっああ!いや、そこいやぁあ!」

「くっ……!ホント美奈子さんはクリが好きですね……締めすぎですよ。こっちが持たない」

「あぁ……またイッちゃう……!」

ずぶぶ……じゅぼっじゅぼっ……

肉棒でナカをしつこくぐりぐりとされたところで、今日何度目かになる絶頂を迎えた。

びくっびくっと痙攣する身体は、もう座っていることもできない。

「美奈子さん。今度は俺ね」

余韻も虚しく、四つん這いにさせられて、由比君のがあてがわれ……

私は終わりのない快楽の波に、眼を瞑って溺れて行った。

-FIN-

この作品が良かったら「いいね!」しよう

50

コメント (0)

コメントを書く