「お前がいつも俺をそういうふうにさせるんだ」彼氏が獣に変わる時

さっきまで、真剣な顔で話をしていたのに。突然私の服を脱がせはじめた彼は、艶っぽい獣の顔をしている。強引で、激しいのにその言葉や触れる指先は優しくて。私は満たされていく―。様々な顔を魅せる彼に貪られちゃってください!ミルキー専属作家、佳夜さんの初作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。