バイブを挿れながら残業をしていたら後輩が来て―甘い愛撫におちる夜

連日の残業が決定した時、私はため息とともにフロアに人がいないことを確かめて―。「センパイ、ケイタイ鳴ってますよ、バイブ」退社したはずの後輩に残業を見守られることもさることながら、物理的にも精神的にも急激な距離の詰め方をされて…!?ミルキー専属作家、繭さんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。