社長に焦らされ視姦され夜の社長室に響く妖美な甘い声

入社して約3ヵ月、大変だけど少しずつ慣れてきた私を呼び出した社長。入社式で見た彼から目が離せなかったのを憶えている。何の用だろうと社長室を訪れた私に「私の恋人にならないか?」と突然提案し――。「もう一度、20時に来てくれなかったら諦める」と言った彼の元を訪れるのだった…。―ミルキー専属作家、ツキノウタさんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。