夜桜の下で出会った不思議な男性との優しい一夜の物語

疲れきって倒れこんだベンチ。気づけば夜で、月明かりに照らされた1本の桜の木が満開に咲き誇っていた。季節外れのような違和感を感じていると、かけられた声。「どうしたの?」―仕事に追われてお疲れ気味の人にこそ読んで欲しい、ちょっと不思議な中谷あうんさんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。