二人だけの時間が流れる海の家―思い切って重ねた唇から始まる夏の記憶

珍しく客足が途切れた海の家、二人きりの時間が流れる。焼けた肌に無精ひげ、だけどすごく優しい人―それが私の片思いの相手。いつも冗談めかして笑う彼に気付いて欲しくて押しつけた唇、恋い焦がれた舌と自分の舌が絡まり合い私の身体は蜜に染まっていった…爽やかだけれども熱く火照らされる夏の風のようなひととき(><//)ミルキー専属作家、汐さんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。