家族に聞こえちゃう…義理兄と別室で隠れてする背徳セックス

あの日、私は義理の兄と愛し合ってしまった。「いっしょに、最後まで気持ちよくなろう…」そう言われ声を押し殺しながら激しく求め合った。隠しきれなくなった気持ちと快楽に飲み込まれ…。―ミルキー専属作家、桜井さんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。