イッたばかりを指や舌でさらに責められ涙が溢れて―セフレ失格の2人

孤独な夜のやり過ごし方は知っている。それでも私は彼を呼ぶ。彼だけは、どうやっても埋められないものをも満たしてくれるから―。「今日なんで俺を呼んだの?」真っ白な感覚に襲われながらも彼に突かれ、引き抜かれたと思ったらすぐさま指が入ってきて…!?快感も切なさも、葛藤も胸を満たす温かさも全てが詰まってる。ミルキー専属作家、水蜜さんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。