終業式を終えて、誰もいなくなった教室。私と、幼なじみと2人きりで。

終業式で校歌を歌わず、担任から進路指導室に呼び出された幼なじみを教室で待っていた私。進路指導室から戻ってきた幼なじみは、私の身体を抱き寄せると・・・。―ミルキー専属作家、七緒さんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。