久しぶりに会った幼馴染と想いが通じ合い、その日のうちに身体を重ねる急展開に。プロポーズまでされた後、気を失うまで責められた夜。

久しぶりに会った幼馴染と想いが通じ合い、その日のうちに身体を重ねる急展開に。プロポーズまでされた後、気を失うまで責められた夜。 イメージ画像

諦めていた恋だったけれど、それは彼の誠実さゆえの結果だった。結局、両想いだったことで舞い上がってしまった私の身体は、まっすぐに彼を求めた。キスにも、胸を揉んでくる手にも、しびれるような快感に全身が悦んでいる。何度イッても終わらない絶頂に気絶しそう!―ミルキー専属作家、minorinさんの作品です!

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます