捻出してくれたデート時間すらも仕事に邪魔されて…寂しさ埋めるキスマーク

捻出してくれたデート時間すらも仕事に邪魔されて…寂しさ埋めるキスマーク イメージ画像

多忙を極める彼が、仕事の合間を塗って作ってくれたデートの時間。それが、たった1本の電話で奪われた。私はただ仕方ないと受け入れるしか無くて…。「拗ねてていいよ?オレ、この子と遊ぶから」いじわるそうに笑いながら、彼は私の入り口に優しく口付けて―。どんなに意地や建前を持ってしても、本心は隠せない。無防備なまでに素直な気持ちをぶつけ合えば、この切なさだって…。ミルキー専属作家、繭さんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます