彼の顔の上に跨がされた状態で頭が真っ白になるほど責められて…

彼の顔の上に跨がされた状態で頭が真っ白になるほど責められて… イメージ画像

「たまには責められたいの」ふにゃっと笑いながら甘い声でおねだりしてくる彼。今日は飲み会だから部屋には来ないと言っていたのに…。色々戸惑いながらも、彼を攻めていたら急にストップをかけられ「順番でしょ?」器用な指で、腰を引きつけ舌を挿し込まれて―。酔っ払って愛くるしいほど無防備で本音を曝け出す彼に愛されてみる?ミルキー専属作家、榎本さとりさんの作品です。

作品を読む

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます