横暴な客に捕まり乱暴な扱いを受けていたら…リセットされる嫌な記憶 (ページ1)


歓送迎会の季節。
居酒屋は毎日、満員御礼。

忙しいのは当たり前。
わたしは皿及びグラス運びマシーンと化して、店内を動き回るだけだ。

「千星ちゃん、6番テーブルのリセットお願い。できるだけ早く」

「了解です」

「急かしてごめんね」

「全然、大丈夫です」

癒しと言えば、ホール担当の利人さんの笑顔ぐらい。

切れ長の目が笑うと線になって、すごく優しい顔になる。

この笑顔さえ見られれば、ふくらはぎのハリも安い時給も気にならない。

「6番テーブル、リセット、オッケーです」
「ありがとうございます。6番テーブル、3名様ご案内します」

廊下ですれ違う時、利人さんと目が合った。

よし、これでラストまで頑張れる。
わたしは気合いを入れ直して、疲れた足で店の床を踏みしめた。

「すいません、ちょっと」

ラストオーダーの時間に合わせてラウンドした後、廊下で男性のお客さんに声をかけられた。

スーツ姿の大人しそうな人で、そんなに酔ってないようだった。

「どうされました?」
「僕らの席、男しかいなくて、でも、先輩が男の酌じゃ飲めないって言うんです。だから、代わりにお酌してもらえませんか?」

頭の中で、お酌を迫られた時の対応マニュアルを引っ張り出す。

前のページ

/9