「たまには違うことしよっか」ドSな彼がローターを掴んで― (ページ1)


「603…あ、ここだ」

ほら、入って
蓮に促されて部屋の中に入る。

「へや…きれい」
「な?普通のホテルとほとんど変わらないだろ?」

出掛け先から帰る際、渋滞に巻き込まれてしまい、お互い疲れていることもあって宿泊することに。

連れてこられたラブホテルは、想像していたよりずっと綺麗だった。

初めての場所に興味津々の私は部屋の中を行ったり来たり。

「未華子」

ベッドの上にごろんと寝そべっている蓮に呼ばれる。

「お風呂入ろっか」



「わー!ジャグジー!え!ライトの色変わる!」

きゃっきゃとはしゃぐ私をなだめ、一緒に湯船に浸かる。

「お風呂にテレビついてる~」
「ん、はぁぁ…」

電源を入れたとたんに浴室中に響く声に私は固まる。

「何?未華子AVみたいの?」

私の顔を覗き込み、笑いながら蓮が言う。

「違っ!ってちょっと…!」

急に首にキスを落とされ、体が反応する。

「もうでよ?したくなってきた。」

憂いを帯びた視線で見つめられ、私は頷くことしかできなかった。

前のページ

/4