ゆっくりじっくりクリを責められて快楽に支配される幸せ愛撫

「コリコリだね。すごくエッチだ」彼の柔らかい舌が、指が私の敏感になったクリトリスを責めてくる。優しく撫でたかと思えば、もどかしさを感じるほど焦らされ、舌で弾かれ、指でこねくり回されて―。冷静だけど仕草やセリフに溢れんばかりの愛を感じちゃう彼に可愛がられちゃってくださいな(∀)ミルキー専属作家、Yukaさんの初作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。