寂しがり屋なお義姉さんと僕のヒミツの関係

試験を受けるために兄夫婦の家に泊まらせてもらっていた僕。出張だと聞いていた兄の本当の不在理由を知り、思わず抱きしめた僕にしがみつき泣いている彼女を愛おしいと思ってしまった…その時僕は『男』になった。そして彼女もまた、久しぶりにオンナになり悦びを感じていた――…。―ミルキー専属作家、桜井さんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。