ウサギの耳に興奮したクラスメイトに見つめられて…感じ過ぎちゃう本能エッチ (ページ1)


けたたましいアラーム音に眉をしかめる。
重い瞼を持ち上げれば、カーテンの隙間から朝日が差していた。

背伸びをすれば、自然と欠伸が溢れた。

あー、早くしないと部活の朝練に遅れる…。

ゆっくりした動きでベットから這い出て、部屋の扉に向かって歩き出す。

そして、全身鏡の前を通り過ぎたところで足がピタリと止まった。

「………ん?」

もう一度全身鏡でよく見る、やっぱりいつもと違う。

それは、

「なんか、耳生えてるんだけど…」

耳は耳でもウサギの耳。
寝ぼけているだけかと思い、思い切り引っ張ってみると確かに痛い。

確かにこの耳は私の体の一部になっていた。

もう朝練どころじゃない。
ベットにダイブして布団に包まると、また眠気が襲ってきた。

どうか起きた時に全て夢でありますように。

前のページ

/7