「俺とセックスしませんか」と微笑む彼の目の奥が冷たくて

片思いしていたセフレに振られた夜、ショットバーの店員の彼から「俺とセックスしませんか」と誘われ、一人になりたくなかった私はそれに応じた。優しく笑うくせに目の奥が冷たく光る彼に翻弄され・・「手加減、しませんよ?」―ミルキー専属作家、ツキノウタさんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。