力が抜けるほど甘く優しいキスをされて…全てを彼に預ける幸せえっち

彼の家のソファーを背もたれに、並んでお酒を飲んでいたら不意にできた沈黙。あたしは、心臓の音が彼の耳に入るんじゃないかと気が気でなかった。だって今日はー。「可愛い声もっと聞かせて?」「どこが好き?」紳士だけどちょっぴりいじわるな彼から与えられる、全身に電気が走るほどの恥ずかしさと快感に翻弄されてみる?ミルキー専属作家、榎本さとりさんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。