「好きだよ。先生」家庭教師と教え子の胸きゅんなはじめてエッチ

閑静な住宅街にある一戸建て。その二階にある一部屋が私のバイト先。勉強だけが取り柄の私は、約半年、歯学部志望の男の子の家庭教師をしてきた―――「先生と、絶対、離れたくないって思ったんだ」「あのさ、そうやって俺を煽るのやめて。余計、いじめちゃうから」 かっこよすぎる年下のカレとうぶな家庭教師の、キュン死にしちゃいそうなくらい素敵なはじめてエッチ、ご堪能下さい(*ノェノ)

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。