「一度だけ…ねえ。」大学受験の合格祝いにおねだりされたのは―

教師を寿退職して3年。家庭教師として久しぶりに教えていた男のコが無事に志望校に合格した。「でさ、先生。例の…」緊張を隠し切れない声で、真剣な目で私をみつめてきて―。ミルキー専属作家、かなこさんの作品です。

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。