せっかくの金曜日に残業って最悪。でも、憧れの先輩とお近付きになれるなら話は別!?

こんなに頑張ってるんだからいいことくらいあればいいのに。その願いが通じたかのように、憧れの彼に話しかけられた!ついつい期待してしまったのは彼も同じ!?残業を労ってくれる行動が、徐々にエスカレートしていく――。―ミルキー専属作家、泡沫さんの作品です!

作品を読む

milkyに掲載の小説は当サイトが契約する作家陣によるオリジナル作品であり、著作権は当サイトにて保持しています。無断転載、二次利用は固く禁じます。不正な利用が確認された場合、法的措置を取らせていただきます。

キャラクター設定

登場人物をお好きな名前に変更できます。